RSS | ATOM | SEARCH
地震雲について・・・3
さぁ、今回もしつこく地震雲について書いていこうと思いますグッド
なんでこんなに、しつこく地震雲を追求するのかというと・・・
自分の勉強の為ですチョキ
あるいみ自己満足なんですけどねぇ〜てれちゃう
書けば覚えられるし、それなりに(結構一生懸命汗)調べるし・・・

と言うわけで、今回は地震雲の形について拍手

地震雲はいつも見る”雲”とはチョットちがう、不気味だったり綺麗だったり、変わった形をしています。

よく見るのはうろこ雲
季節的なものもありますが、”地震雲”といわれるものの中では多く見られたりします。
秋に見るうろこ雲とはチョット違い、断層上になっていたり、横に楔形に並んでいたりすると”地震雲”の可能性大!です。
断層の微小破壊がつぎつぎと起こり、電磁パルスが「ポコポコポコ」と発生すると、雲はうろこ状になっていくと考えられます。
ただ、季節的だったり、低気圧が来るときにあらわれるので、見分けるのはむずかしいですねぇ。

次に、竜巻状の雲
これは、結構不気味だったりします。
下から上へまっすぐ上る雲は”上り竜”にも見えて、伝説の竜はこの雲から言われているのでは、と言われてたりします。
この竜巻状の雲は、箱の中で自分でつくれたりします。
透明樹脂の箱の底にドライアイスと水で雲を作ります。
その中に、針の電極を上向きに立てて高電圧を加えます。
(これで、断層の電磁波発生にみたてる)
この雲の上に、アース線とつないだ金属球を近づけると、それに向かって
雲が竜の様に昇っていくのです。
中国では、”地震前には空に竜が昇る”といわれているそうです。
まんざら、言い伝えや迷信ではなさそうですね。

後は、放射状や筋状の雲
筋雲は冬の日本海に、よく現れるものですが、
晴れ渡った日に、一筋の筋雲が長い時間、消えずに留まっていたら、地震雲の可能性大!です。
これは、電磁波による電場が発生し、過冷却の湿った空気で大気分子が電離するとき、電磁波の散乱と散乱波が干渉し、定在波(進行する電流と反射して戻ってきた電流を合成したもの)が出来て、筋雲になると考えられます。
これに縞模様が現れることがありますが、これは電磁波の波長とみられます。

”地震雲”はその場に消えずに留まっていることが特徴のひとつです。

なんで、風に流されないの??
流されてない、訳ではなく、流されても次々に雲がそこに生まれ続けるから
留まっているようにみえるのです。
それは、しつこいようですが、そこに電磁波が影響しているから、
消えてもまた生まれるのです。

さぁ、今日はここまでバッド
今、思いましたがなんでこんなに、地震雲にこだわるのか・・・
地震雲のしくみが分かれば、そのほかの”地震前兆”現象が理解できるような気がするからですパー
まだまだ、電気機器の誤作動など、調べて勉強することが山のようにありますが、
”地震雲”さえ攻略できれば、後は容易に理解できる気がします見る
気のせいですかねぇ〜ハハ・・・汗

author:怪しい?!オジサンです♪, category:地震前兆現象, 17:03
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
すばらしい!!
これまとめてくの、結構大変ww ごくろうさま。
こういうのってさ、おもろいよねぇ。勉強になりました。

結局、雲って一言で言っちゃってるけどなんなんかよく分かんないんだよね。

わたし的に大気中に陽イオンが放出されると、水蒸気が引付けられる(ムワっと暑く、湿度も高くなる)んでは?とか思うんです。イオン量によって形成される雲の種類にも変化がある。高まると積乱雲のような濃厚なものになり、水蒸気同士のぶつかりが起こり今度は雲の中でのイオン分離が起こって、陰イオンが高まると、雷になる。

ほとんどジニーの考えに近いんですね。

負の電荷の稲妻は下に走るけど、今まで謎だった正の電荷にも稲妻もあってそれは上に走ることが発見されたらしい。米国の科学者が面白いこと言ってて、「電気的なことはまだ良く分かっていないが、宇宙と地球内部とのエネルギーの循環が、雷という形で見られるのではないかと思える」と。
とすると雲はその媒体というふうに考えれる。そう考えると、人間やモノを取り巻くオーラの境界と同じようなものでもあるとも考えられる。wwややこしくなってきた、これはやめw


人間が理解できる範囲の科学では、説明がつかないのかもしれないねぇ。理科なんかで、下手に習うのどうかと...w
ゆる, 2007/08/21 2:51 AM
なんか"雲"そこにあって当然、空気みたいな感じですが、
>宇宙と地球内部とのエネルギーの循環
>間やモノを取り巻くオーラの境界と同じようなものでもあるとも考えられる
面白いですねw
イオンについてあまり詳しく知らないので、
またちょっと勉強してみようかなぁ。
科学ってホント奥深い・・・
「科学的に立証されていない」のは、立証できていないだけであって、これから解明される可能性があるってことですもんね。人間が科学の全てを解明することなんて出来るのだろうか???
ジニー, 2007/08/21 10:28 AM









Trackback
url: http://blog.tenzan-p.com/trackback/424751