RSS | ATOM | SEARCH
ここ数日・・・見事に!!
きょうも!!お天気は・・・パッとしない!?ドンヨリの感じで一日が・・・!!

気温はプラスなれど、中途半端が余計に・・・気持ち的には嫌な感じに?!

それにしても、北海道に地震が・・・札幌ナマジーは見事に!?静かです。

余りに静か過ぎも・・・少し嫌な気がしない事も!?ですが、この週末は?!

週明けの月曜は、東北中心に起きた「大地震」 から、2年の月日が経つ日。

メディアが伝えるニュース報道などでは、何か殆んど対応がされて無い所も

ある様に感じます。

東北の人たちは何か・・・我慢強い!!とか言われてますが、我慢強さに甘え

対応が遅れれば遅れるほど・・・日本全体が大変になる事を、専門家と言われる

方々や政治家の皆さん!!そして、お役所の皆さんは・・・本当に理解されてる?

のか・・・正直!!一般庶民の私には・・・分かりません。

政治の専門家!経済の専門家!教育の専門家!軍事関係の専門家!等々!!

日本にも、その筋の「専門家」と言われる方達が居りますが、今の現状を・・・!!

どの様に捉え、どの様に見てるのか・・・本心を聞いて見たいと切に思います。

記憶違いで!? アメリカのジョークに「長生きはしたいが、歳は取りたくない」

そんなジョークが・・・あった様に思います。

日本の、お偉いさん方は 「口だけはよく動くが、体と金は動かさない」の感じ!?

何か・・・危機管理と言うか、危機意識が・・・!?私へも地震の予兆を捉えて!?

本当に起きるか?どうか?分からないのに、人を怯えさせる様な事をしてと!!

その様に言って来る方も居ります。

私は、そう言う方にはハッキリこう言います!起きるか?どうか?分からないから

ナマジーを世に出したんです!!人間は何かに怯えながら生きるために生まれる

訳ではありません。

自然災害も!人的災害も!普段は考えたり!思ったりして!生活をしてる方は無く

災害も事故も事件も・・・自分には関係ないと思いながら過ごしてます。

生命保険をはじめ、車の保険・火災保険・地震保険・と万一に備え加入してます。

ナマジーは・・・普段は忘れて居ても・・・地震が起こるかも!?その時に!!

心と体そして災害時の用意と「点検・準備」が出来るようにとの思いで出してます。

自然は日本列島だけで無く・・・世界各地で異常を発信している気が・・・!!

危機管理に対しては自らが、しっかり意識を持ち対応して行く事が一番と思います。

週末が静かに・・・先週の様な荒れ方は・・・本当に無しでと願ってます。








きょうも一日 感謝!! ありがとうございます。         菅野 孝道
author:怪しい?!オジサンです♪, category:-, 19:34
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
西洋人は、’我々は何処から来たか。何者であるか。どこに向かうのか。’ を考える。
ちょうど、インド人が前世・現世・来世の内容を詳しく考えるようなものである。
日本人は、’どこに行くか’ の考えを持たない。ただ、現時点のみを考える。
現時点に変化がなければ天下泰平の世の中であると考えている。’鬼は外、福は内’ である。

日本語には時制がない。考えの内容に過去・現在・未来の区別がない。
古池や 蛙飛び込む水の音
刹那は、永遠のように見えている。
眼前の事柄に精神を集中することが、日本人の修行となっている。

日本人の脳裏では、過去の世界の展開もなく、未来の世界の展開もない。
過去の世界を展開するには過去時制の文章が必要であり、未来の世界を展開するには未来時制の文章が必要である。
全ての考えは文章になり、文章にならないものは考えではない。
日本人の頭の中では、過去の内容は幻となり、未来の内容は夢となってとりとめがない。雑念である。
夢・幻の (日本) 人の世は、能天気のはかなさを秘めている。

意思のあるところに方法がある。(Where there’s a will, there’s a way).
日本人には、意思がない。意思は未来時制の内容である。
だから、政治家も意思決定ができない。
そこに、決められない政治の原点がある。
我が国の内閣は短命でころころと変わる。

この社会が ‘どこに向かうのか’ を問題とすれば、その答えは政治指導者の意思で決まる。
‘どこに向かうのか’ を問題としなければ、指導者の意思は必要ない。
指導者は、床の間の置物のようなものでよい。
‘どこに向かうのか’ を問題とする人たちの中に入って、意思表示をしない代表は愚鈍に見える。
井の中の蛙は、大海に出られない。井の中の言語が足かせになっている。

意思のない所には方法がない。
仕方がないので無為無策でいる。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、座して死を待つ。
はたして、この玉砕精神は尊いものであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

noga, 2013/03/08 8:10 PM









Trackback
url: http://blog.tenzan-p.com/trackback/1424079