RSS | ATOM | SEARCH
1月26日の能登半島地震
今月26日に、2007年3月に発生した能登半島地震(震度6弱・M6.9)の余震がありましたね。
幸いにも震度の割には大きな被害がほとんどなく、ほっとしました。

10ヶ月も経っているのに余震で震度5弱・・・・
しかも、マグニチュードは以外にも4.6と以外にも大きくない。
小さな震度で大きく揺れるのはうれしい出来事では決してありませんね。
揺れの割には被害がほとんどでなかったのはうれしい出来事ですが。

壊滅的な被害をもたらした「阪神淡路大震災」(1995年1月)や、「新潟県中越地震」(2004年10月)、「能登半島地震」(07年3月)では、
「キラーパルス」といわれる、揺れの往復である周期が1〜2秒しかかからない比較的短い地震波が原因だったそうです。

東京大学地震研究所の解析によると、キラーパルスの揺れで壊れ始めた木造家屋に、周期2〜3秒の地震波が加わり、とどめを刺すように倒壊被害が広がったとのこと。

新潟中越地震が大きな被害が出たのは、あの地域の地盤がやわらかく、キラーパレスがの影響が強く出たため被害が増幅されたのだそうです。

キラーパレスがなぜ発生するのかは、調べきる事が出来なかったので、
知っている方がいらっしゃったら是非!教えてください。

マグニチュードが大きければ震度も大きくなるわけではなく、様々な負の要因が組み合わさっているのですね。デリケートです。
個々の注意でどうにかなるのものではなく、願わずとも必然となってしまうもどかしさ。

必然となってしまうのならば、そうなったときにそれにどのように対処し、
被害を最小限に食い止めるかを考えなければならないですね。

事故や天災災害も同じことが言えると思いますが、
常に、最悪の事態を考えて神経質になると疲れるので、
何か「はっ!!」と思うようなきっかけの時に注意を払ったり、
準備が出来るようにアンテナは張っていたいと思う、今日この頃・・・


author:怪しい?!オジサンです♪, category:地震関連, 12:28
comments(2), trackbacks(0), - -
最近は静かです。
11月11日、12日と茨城で震度2・3地震がありましたが、最近それほど表に見える騒がしさはないようですね。
地震がないのが一番!!

おそらく(全くの予想)、昔の人は地震の前兆を何らかの形で(体感など)知ることが出来たんじゃないかと思っています。
で、今は感じる人はいるけど、感じない人がほとんど。
だから、前触れなく突然牙を剥く地震が怖いんですよね。

こちら北海道、酪農が盛んな土地ではござますが、とある酪農家の方が、
「ベコ(牛)見てりゃいつ地震が来っかわかっし、天気だって解る!!」とおっしゃってました。
酪農家は代々酪農家、生まれたときから牛と接しているわけで、牛が敏感に感じ取った地震前兆を、人間が敏感に感じ取れるんですね。
ワタクシの実家も農家で天気ばっかり気にしているうちだったので、「空」や「山」の見え方で天気を予測していました。ワタシは「西の空が暗いと雨」とか基本的なことしか解りませんが、オカンは結構な的中率。

自然を相手に仕事している人は、そういう自然界のチョットした"変化"に敏感なんですよね。

かくゆうワタクシも、どどど田舎から北海道では一番都会の札幌へ来てはや10年経ちましたが、自然のチョットした変化にはかなり鈍感になってきています。
まず、空が狭いので空を見ない。星が見えないので、夜空を見上げない。
土がないので虫を見ない。草花を見るのはほとんど花屋さん。
地面に生えている花を見ようとしても、人のうちの庭だったり、出勤途中の街路樹だったりして、ゆっくり見てたら怪しい子・・・?

だんだん"都会ッコ"になっているんだなぁ・・・なりきれてはいませんが・・・
実家に帰ると、自然界には鈍感になってきているとよく感じます。
なんとなくそれが寂しくも感じますが、それなりの都会で暮らすことを選択したということで仕方ない。

ワタクシは最初からこの"ナマジー開発"に携わっていたわけではなく、開発途中で入社して、事務にとどまらずこうやって勉強の機会を与えてもらっているわけですが、違う角度から自然界とかかわることが出来て、田舎大好きッコにはうれしい限りです!

結局なんの話だったんだという感じですが・・・・。
地震は突然来るから怖いんだ!ということを言いたかったんですが・・・
author:怪しい?!オジサンです♪, category:地震関連, 16:42
comments(5), trackbacks(0), - -
新潟中越地震・仮設住宅問題
新潟県中越地震後、13日から柏崎市、15日から刈羽村で
仮設住宅の入居が始まっているわけですが・・・

当初は、地震食後の応急危険度判定によって
自宅が「危険」とされながら、市から「条件に満たない」
として仮設住宅への入居が認められなかった被災者から苦情が
相次いでいたそうな・・・

自宅に大きな損傷がなくても仮設住宅入居が必要な人もいます。

柏崎市長崎の田村サヨさん(70)一家は地震後、右半身不随の夫泰治さん(73)を特養老人ホームに預けたまま、自宅の車庫に畳を敷いて暮らしている。半壊には達していないが、床が傾いたり段差ができたりしており、足が不自由な泰治さんの生活は難しい。

サヨさんにとって仮設住宅は、夫と一緒に暮らす唯一の希望だったが、市からの通知は「不許可」。サヨさんは「お役所仕事だ」と嘆く。


かたや、今になって仮設住宅が2割も余っているとの事・・・
仮設住宅に入居してしまうと、
住宅の応急修理に国や県から最大150万円の補助が出る住宅応急修理制度が使えなくなる為、入居キャンセルが相次いでいるとの事です。

入居許可が出ないけど仮設住宅に入居する必要がある人、
入居許可が出ているが、入居しない方が今後メリットが出る人・・・

部屋を余すくらいなら、本当に必要な人が入居できるように、
柔軟に対応して頂きたいですね。
author:怪しい?!オジサンです♪, category:地震関連, 12:46
comments(0), trackbacks(0), - -